お知らせ


それぞれリンクをクリックしてご覧下さい。



最新のお知らせ

  

 2019.2 第14回茨城大学人文社会科学部 地域史シンポジウム「茨城における戦争の記憶とその継承」開催のご案内

2019年2月3日(日)、茨城大学人文社会科学部講義棟 10番教室(於:茨城県水戸市文京)にて、第14回茨城大学人文社会科学部 地域史シンポジウム「茨城における戦争の記憶とその継承」が開催されます。
 本シンポジウムは当団体が後援するものです。茨城県内の戦争遺跡や展示施設、記念碑、記憶の継承の活動や実践について紹介・検討し議論を深めていきます。どなたでもご参加、ご来場いただけますので、ぜひ会場まで足をお運びください。シンポジウムに関する詳細は、下記をご覧ください。


地域史シンポジウム「茨城における戦争の記憶とその継承」
○日時:平成31年2月3日(日) 12時30分~17時
○会場:茨城大学人文社会科学部講義棟 10番教室(茨城県水戸市文京2-1-1)
○入場:無料・事前申し込み不要
内容:【基調報告】「地域における戦争体験――多様性とその継承について」
          柳沢遊(慶應義塾大学名誉教授)
    【個別報告】「北茨城における風船爆弾(陸軍)と第一四一特攻艇「震洋」(海軍)について」
           丹賢一(郷土史研究家)
    【個別報告】「戦時下の茨城県朝鮮人と日立鉱山」
           張泳祚(茨城県朝鮮人戦争犠牲者慰霊塔管理委員会事務局長)
    【個別報告】「戦跡の活用と戦争の記憶の継承について」
           金澤大介(筑波海軍航空隊記念館館長)
【個別報告】「茨城県内における戦争モニュメント調査報告」
       茨城大学人文社会科学部日本近現代史ゼミ

○お問合せ:茨城大学人文社会科学部 佐々木啓研究室
       Mail:kei.saaki.1020@vc.ibaraki.ac.jp




過去のお知らせ


           

 2017.1 人間文化研究機構広領域型基幹研究プロジェクト国文学研究資料館ユニット「人命環境アーカイブズの過去・現在・未来に関する双方向的研究」シンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」開催のご案内

 2017.6 ふみの森もてぎ開館1周年記念特別展「帰ってきた島崎雲圃」開催のご案内

 2017.1 第1回ふみの森もてぎ歴史フォーラム「近江商人の知恵とくらし」開催のご案内

 2016.10 「文化財・歴史資料の曝涼・公開」についてお知らせ

 2016.3 茂木町ふるさと歴史フォーラムⅢ「歴史資料からひもとく戦時下の茂木」開催のご案内

 2016.1 新年のごあいさつ


 2015.11 第11回茨城大学人文学部地域史シンポジウム「自然災害に学ぶ 茨城の歴史-被災の記憶と教訓を未来へ-」開催のご案内

 2015.11 茨城大学図書館2015年度後学期企画展「東日本大震災と文化遺産-学生と市民が守ったふるさとの記憶-」(於茨城大学図書館)のご案内

 2015.3 茂木町資料整理活動終了のお知らせ

 2015.3 茂木町ふるさと歴史フォーラムⅡ「実像の茂木一族」開催のご案内

 2015.2 歴史資料ネットワーク設立20周年記念「全国史料ネット研究交流集会」開催のご案内


 2014.10 「常陸太田市指定文化財集中曝涼(於:常陸太田市、常陸大宮市)」のご案内

 2014.10 常陸大宮市文書館開館のご案内

 2014.3 茂木町ふるさと歴史フォーラム「歴史発見 茂木に生きた近江商人」

 2014.3 特別公開「のぞいてみよう島﨑家の蔵の中-救い出された近江商人の古文書・絵画・民具-」

 2014.1 常陸大宮市歴史民俗資料館企画展「南郷道―水戸と奥州をつなぐもうひとつの道―」

 2014.1 北茨城市歴史民俗資料館(野口雨情記念館)特別展示「発見!!土蔵の中の文化遺産(たからもの)」


 2013.9 台風18号による被災文化財についてのお願い

 2013.4 特別公開「額田城に届いた伊達政宗の『密書』」

 2013.3 文化庁長官から感謝状をいただきました

 2013.2 鹿嶋市での歴史文化フォーラムと特別展示の開催について


 2012.11 茨城大学学園祭【特別展示】のご案内

 2012.10 「指定文化財集中曝涼(虫干し一般公開)」の御案内

 2012.8 企画展「新治汲古館の継承~文化財レスキューの一事例~」の御案内

 2012.5 竜巻被害速報


 2011.12 講演会・展示会のお知らせ

 2011.11 ボランティア募集のお知らせ

Copyright© 2011 茨城史料ネット All Rights Reserved.
inserted by FC2 system